不動産投資をする人が不動産価格の変動を気にしなくてもいい理由

ポイント 順張りか逆張りか

不動産投資をする人が不動産価格の変動を気にしなくてもいい理由

不動産投資をこれから始めたいと思う人のなかには、不動産投資はもう今から始めても遅くない?と感じている方多いのではないでしょうか。確かに数年前からすれば収益不動産の価格は上昇、利回りは低下してきています。

しかし、マーケットを見ると日本銀行のマイナス金利が決定し、10年国債は市場最低金利を更新、MMFの販売停止など大きな動きが出ています。単純に考えれば、不動産投資はさらに活発になり不動産価格は上昇してくるでしょう。
 

上向き
 

それは日本の市中銀行が日本銀行にお金を預けると手数料がかかってしまうからです。そうなると銀行は投資や融資に資金を回さざるおえなくなってきます。今の不動産価格が高値になるかどうかは後にならないと分かりません。しかし、不動産投資は資金を借りて始める人がほとんどです。

資金を借りて検討している人にとっては千載一遇のチャンスかもしれません。ただし、不動産価格が上昇しているなか、もう高いから不動産投資はできないよという人もいます。もっと不動産価格が下がるのを待ったほうがいいと言う人さえいます。はたしてそうでしょうか。おそらくそのようなことをおっしゃる方は、仮に不動産価格が下がったときも不動産投資を始められないかもしれません。
 

ポイント 逆張り派が物件購入できない理由

不動産投資をする人が不動産価格の変動を気にしなくてもいい理由

その理由をお伝えします。まず現在のように不動産価格が上昇していて、その流れに乗って投資していくことを順張りと言います。確かに不動産価格が上昇傾向にありますが、資金調達は大変しやすい時期で、フルローンやオーバーローンで購入していくチャンスは十分にあります。

しかし、価格が高いと言って物件購入を見送ってしまう人もたくさんいます。「待つも相場」と言う言葉があるぐらいなので、それも一理あります。何かをきっかけに不動産価格が下がるような世の中になったとき、確かに今よりは価格が安くなっており、割安物件やお宝物件が出てくるかもしれません。

このように価格が下落しているとき、そのときを狙って買っていくことを逆張りと言います。

今物件を購入するのを見送っている人は,不動産価格が下がった時を狙って逆張りを狙っているのでしょう。逆張り派が、不動産価格が下がったら本当に買えるかというとそれも疑問があります。その理由は主に2つあります。

回復上昇

不動産価格が下がるときというのは、銀行の融資姿勢が厳しくなってくると不動産価格が下がってきます。融資姿勢が厳しくなるということは、国内か海外で景気が悪化する何かが起きたときのはずです。景況観が悪くなり、不動産価格が下がってくると、投資家心理は、「まだ下がるかも・・・」と思ってしまい手が出ないのです。

物件価格が上昇しているうちは、「下がったら間違いなく買う」「早く安くならないかな」なんて考えていた人も、価格が下がり始めると、まだ下がるかもしれないと思い様子をみるのです。そのうち安いところで物件購入をしていきたいという気持ちから、「どこまで下がるの?」という不安な気持ちになり、ニュースや外部から入ってくる情報のせいもあり、結局安くなっても買えないのです。
 

ポイント もう1つの買えない理由

不動産投資をする人が不動産価格の変動を気にしなくてもいい理由

今物件購入を見送っている人が物件購入できない理由はもう1つあります。それは融資を受けにくくなってしまうことです。不動産価格が下がるときは銀行の融資姿勢が厳しきなったときです。
 

拒否
 

今でこそ積極的な融資ではありますが、景気が悪くなればガラっと変わります。そのような状態でも融資を受けやすいのは、収入や金融資産の豊富な方です。少ない自己資金で不動産投資を始めようとしている人には資金を貸してくれなくなります。不動産投資は融資してもらえなければ絵に描いた餅なのです。

では少ない自己資金で検討している人はどういう行動をすればよいかというと、確かに良い物件は少ないですが、自分の足を使って情報収集を頑張って融資を受けて物件購入していくのが一番の近道のはずです。

現在の融資情勢は追い風になりますので、何でもかんでもというわけではいきませんが、しっかりと物件選定して、明確な投資基準があれば全く問題なく物件購入していける時期なのです。