不動産投資の注意点と心の準備

ポイント 不動産投資の注意点はいくつかあります

不動産投資の注意点!ここだけは覚えておきたい心の準備

 
SEO記事3_re
 

まず誰でも不動産投資を始められるというわけではないことです。ではどのような人が不動産投資を始められるのかというと難しいことではありません。それは働いている、資金がある人です。銀行はもちろん事業性を見てきますが、資金を借りる人がしっかりと借りた資金を返済できるかどうかを見てきます。

つまり、しっかりと働いていて安定した収入があるか、勤めている企業は大企業なのか中小企業なのか、金融資産がどれくらいあるのか、いわゆる属性というものをとても重要視します。

注意点としては、働き始めたばかりの人や転職したばかりの人です。銀行は一般的には3年、少なくても1年は勤続していないと厳しいと言われています。不動産投資を検討している人がもし現在会社員で退職を検討しているのであれば、注意点として会社員を辞める前に銀行からの借入れをして不動産投資を始めてください。辞めてしまった後では銀行から資金を貸してもらえなくなってしまうのです。

では銀行から不動産投資を始めるために資金を借りるには年収はいくら必要なのか、自己資金はいくら必要なのか。注意点として年収が1000万以上とか自己資金が数千万必要と思っている人もいるかと思いますがそんなことはありません。

しかし年収は少なくても300万以上はほしいところです。しかし年収が低い方の注意点は購入できる物件の規模が限られてきます。年収500万以上、700万以上になってくると銀行の選択肢も増えますし、物件規模拡大のスピードが早くなってくるのです。

他にも注意点として、不動産投資はいつでもできるということではないということです。それはなぜかと言うと、銀行は景気の良し悪しで貸出しを渋るからです。物件を現金で買える人以外は借金をしないと購入できません。景気がいい時に買っていく必要があるのです。

意外な注意点としては、不動産投資は完全な不労収入ではないということです。よく雑誌で成功した人が、何もしないで毎月数十万以上の家賃収入を得ている記事をよく見かけます。これは半分は正解ですが、半分は間違いです。大家のメリットの一つは手間がかからないということですが、ここが大きな落とし穴であり、注意点です。大家が管理会社と一緒になって空室を埋めていくという意識を持ち、大家がちょっとした空室対策を積極的に参加していく時代に突入しているのです。
 

ポイント 大家に必要なスキル?

不動産投資の注意点!ここだけは覚えておきたい心の準備

他にも不動産投資には注意点があります。えっそんなこと必要なの?と思うことかもしれません。大家に必要な資格や能力はありませんが、あればベターな能力がいくつかあります。それはコミュニケーション能力です。とは言っても特別なものではなく人と話す際に普通に会話できればよいのです。人と会話をして情報のやり取りができるたったそれだけです。

大家にコミュニケーション能力?と思われた方もいるかもしれませんが、けっこう重要なのです。その理由は、まず物件を購入するためにはまず不動産会社を多数訪問しなければなりません。それは少しでも良い物件情報をもらうためには1件でも多く不動産会社を回り良い情報が表に出る前に物件情報を掴む必要があるからです。
 
アパート
 

では情報を自分のところに持ってきてくれるのは誰かと言うと、不動産会社の担当者です。この担当者も様々なタイプがいます。例えば自分の売りたい物件しか提案してこない、自分の投資基準に合わないものを提案してくる、人の話しを全然聞かない、高圧的な感じの担当者などいろいろタイプがいるのです。

自分と馬が合う担当者を見つけるためには足を使って探していくしかありません。そしてこれだと思った担当者に出会った後がとても重要です。その担当者から、良い情報がでた時に誰よりも早く連絡をもらう必要があるのです。そのためには初めて会ったときには、自分の属性(勤務先。年収、金融資産など)や本気であることを伝える必要があるのです。

さらに1度会っただけでは人間ですから定期的に連絡して、担当者の記憶に自分を残す努力をしていく必要があります。そしてうまく物件の買付け、契約、銀行決済、管理会社選定、実際の運営が始まるまでに様々な業界の人とも話すようになります。

不動産会社の担当者以外にも銀行員、司法書士、保険会社の担当者、管理会社担当者、リフォーム会社担当者など、たくさんの人と話す機会が増えてくるのです。物件情報を持ってきてくれるのも人、入居者を決めてくれるのも人です。

物件を自主管理して全て自分一人でこなしている人もいますが、普段会社で働いている人が同じことをやろうとすることはとても困難です。関係者としっかりとコミュニケーションをとっていく必要があるのです。特に物件探しの際にはとても重要になってきます。この能力が高い人はかなり高い確率で良い情報を掴む可能性がとても高くなってくるのです。そして管理会社の担当者と意思疎通がうまくとれることによって高い入居率維持につながってくるのです。
 

ポイント 強い想いを持って即断で行動し続ける

不動産投資の注意点!ここだけは覚えておきたい心の準備

不動産投資を始めるにあたり注意点がまだあります、それは能力とかではないのですが、これはあった方が良いと思うものがあります。それは何かと言うと行動力です。

自己資金もそんなに多くない、自分に貸してくれる銀行も分からない状態の人はとても多いのではないでしょうか。そのような方はおそらく物件探しや融資で困っているかもしれません。そして、物件を探してやっとこれだと思った物件が出ても融資が付かない、融資がついても希望額の8割ぐらい、探しても物件を購入できない日が続くという経験をしたことがあるはずです。

そのような状況になってくると「やっぱり自分にはできないんだ」「もっとお金持ちしか始められないんだ」というような暗い気持ちがとても湧いてくるものです。ここを乗り越えていけずに諦めてしまう人が多数おり、要注意点です。この困難を克服するためには目標達成できることを信じて行動を継続していく力、つまり行動力がとても重要なのです。

ではこの行動力の源になるものは何かというと主に2つあります。1つは将来自分は不動産投資を通じてどのような状態になりたいか、つまり目標を具体化する必要あるのです。そして2つ目は現状から抜け出したい強い気持ちです。会社員として働いているけど、なんかつまらない、もう少し生活水準を上げたいなど現在の状態が嫌でそこから脱出したい気持ちが強ければ強いほど、行動の圧が強くなってきます。

不動産投資に興味はあるけれども実際に始められる人はごくわずかです。なぜそんなに少ないかというと、お金がないからではありません。目標を達成する前に行動を止めてしまうからです。物件を購入できるかできないかの別れ道はこの行動を止めるか継続するかです。行動さえ続けていれば必ず買えますので注意点としてよく覚えておいてください。
 

物件
 

そして最後の注意点としては、スピード感を持つことです。不動産投資が活発な時は、良い物件が出てくると一瞬で買付けが入って買えなくなってしまいます。不動産会社の担当者から物件情が入ってきた際には、金融機関はどこがいいのか、しっかりとキャッシュフローがでるのか、賃貸需要があるのかなどすぐにリサーチして良し悪しを判断する必要があります。

注意点としては担当者から連絡がきて悩んでいる時間が長ければ長いほど物件を購入できる可能性が低くなるのです。不動産市場が活況のときこそスピードが求められてきます。このスピード感を養うにはあらかじめ金融機関の目途をつけておく、リスクを十分理解しておく必要があるのです。