見えないところで差がつく 不動産投資の「準備力」

見えないところで差がつく 不動産投資の「準備力」

不動産投資で成功するために必要なのは、誰も知らないノウハウや情報だと思っていませんか?
実はそんなことありません。99%の初心者が気づいていない不動産投資の成功法則があります。不動産投資で成功している1%の人達は、その成功法則を確実に実践しているのです。
その成功法則とは「習慣」「コミュニケーション」「マインド」です。これらが変われば不動産投資で成功することは十分可能です。
本書では、不動産投資で成功するために必要な本質的なポイントを具体的に解説しています。なかなか一歩が踏み出せない、物件が購入できないと感じている人には役立つはずです。

Kindleで読む ibooksで読む

40代からお金持ちになる不動産投資術

40代からお金持ちになる不動産投資術

将来期待できない年金、なかなか上がらない給料や止まってしまう昇格、負担の増す教育費や医療費などに不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。
その不安を払拭するのが不動産投資です。不動産投資と聞くと「危ない」「本当に儲かるの?」と思ってしまうかもしれません。しかし、不動産投資は再現性が高く誰でも成功することができます。
本書を読むことで、40代の方が不動産投資を始めるためのノウハウ、注意点などが具体的に理解できるようになります。

Kindleで読む ibooksで読む

自己資金0円から1年で家賃収入3000万を作る
はじめての不動産投資

自己資金0円から1年で家賃収入3000万を作る はじめての不動産投資

私は1年という期間で家賃収入3000万円を作ることに成功しました。このようなことをお話しすると、「特別なノウハウ」があるのではと思われがちですが、それはありません。
不動産投資を始める人ならだれでも知っていることを、ただ実行しただけなのです。不動産投資で、短期間で家賃収入を作るためにはあるコツが必要になります。
むやみに不動産会社に行けば、物件規模を拡大できるものではないのです。
本書では1年で3000万の家賃収入を作る方法が分かり、読者限定の特典動画もついてきます。

Kindleで読む ibooksで読む

日本一わかりやすいお金の増やし方
〜ふつうの会社員が普通にできる不動産投資術

日本一わかりやすいお金の増やし方 〜ふつうの会社員が普通にできる不動産投資術

実は、サラリーマンの生涯賃金では、生涯暮らせないことを知っていますか?
そんな時代を生き抜く人生バイブルが、ついに登場!
「働いても働いても、給料が増えない」
こんな悩みを抱えていらっしゃるサラリーマンの方も多いのではないでしょうか。
「サラリーマン、気楽な稼業ときたもんだ」なんて言われてたのは一体いつの時代なのか!?実は、サラリーマンほど気楽でない時代が到来しているのです。

サラリーマンのメリットは、なんといっても毎月安定した収入を得ることができることでした。そして、毎年昇給が保証され、ポストも用意されている企業もあったことでしょう。退職の際には、多額の退職金が支払われ、悠々自適な老後が送れる。サラリーマンとして働くことで、一生の安定が手に入る時代もありました。

しかし、そんなサラリーマンの特権も、現代ではほとんど期待することができません。日本経済の成長は止まり、失われた20年、30年に突入しています。
今の政権になって、株価が良くなったとニュースで報道されても、ほとんどの人は景気が良くなっている実感を持っていないのではないでしょうか。その恩恵を受けている人はほとんどいないため、それは当然でしょう。
経済指標では、確かに景気は良くなっているかもしれません。雇用も回復しています。

しかし、その一方で、政府は2018年3月までに、会社員の副業を解禁するよう決定をしています。
景気が良くなっているにもかかわらず、このような方針を掲げているのは、国民1人1人が自分の力で稼げるようになる必要があるという、国からのメッセージと捉えることもできます。

会社員として働いているだけの時代ではない。
このような社会情勢を踏まえるとご理解いただけると思います。

私もかつて、一会社員として一生懸命働いていました。必死に働いて、残業も散々やってきました。
しかし、ある時、そんな生活に疑問を持ったのです。
本当に、これで良いのだろうか。
理想の生活を手に入れるどころか、このままでは生活を現状維持させることすら危ういのではないかと。

そこで、私はリスクを取って、あることに取り組みました。それが一生モノの不労所得を作るということです。そして、当時私が取った行動は、社会が大きく変わろうとしている今だからこそ、必要なことと思います。
そんな考えのもと、この書籍を書くことに決めました。
私の経験が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

Kindleで読む ibooksで読む