不動産会社から未公開物件情報をもらうコツとは

ポイント 両手取引をしたい不動産会社

不動産会社から未公開物件情報をもらうコツとは

未公開物件

ネットで検索すれば物件情報が大量にみつかります。しかし、いざ問い合わせをしてみると利回りが低い、入居率が悪い、市街化調整区域、違法物件、再建築不可、築古、積算が低いなどなどの何かしらの理由があって売れ残っている物件が多いことに気がつくはずです。良い物情報が全然ないと嘆いている人は多いのではないでしょうか。

では良い情報はどこで売れてしまっているかというと、ネットで出てくる前に終わってしまっているのです。表にでてこない物件情報を「未公開物件」とよく言われています。この未公開物件は、利回りが高かったり、入居が満室だったり、融資付けしやすいなどの特徴があります。不動産会社は両手取引と言って、買主売主両方から仲介手数料をもらいたいため、良い情報はなるべく表に出さずに買主を探そうとします。この未公開物件をいかに多く提案してもらえるかによって質の良い物件情報が集まりやすくなります。

しかし、ネットで物件探しをしている人や、何も考えずにやみくもに不動産会社を回っても情報はなかなか入ってきません。ここでは、未公開物件情報を一番で紹介してもらうためのコツや注意点をお伝えしてきます。
 

担当者 まずは件数を意識する

まず基本的なことですが、不動産会社を2~3社訪問したぐらいでは未公開物件を手に入れることは厳しいかもしれません。不動産会社の中でも、知名度や広告費の金額、お客さん数などで売り依頼される物件に偏りがあります。一番最初に訪問した不動産会社がたまたま運良くそのような業者に巡り会えればよいですがそうはいきません。まずは数を意識して件数こなすことが重要です。そのためにも、1件不動産会社のアポを取ったら、その帰り道に飛びこみでもう1件行ってみるぐらいの気持ちが必要になります。

そして担当者と面談するときもいくつか注意点があります。それは簡単に言うと偉そうな態度をしないことです。もちろん立場は客なのですが、情報を持ってきてくれるのは担当者です。いざ担当者に良い情報が入ってきたとしても、「あの人偉そうだし、なんか嫌だな」と思われたら連絡は来ないでしょう。

担当者への注意点は他にもあります。それは、まずは担当者の話しをよく聞くことです。物件を探している人の中には、セミナーや本、ネットで熱心に不動産投資を勉強しており、騙されないためなのか自分の知識の量を見せつけたいのか分かりませんが、自己顕示欲の強い人が自分の話しばかりして担当者の話しを全然聞かない人もいるようです。担当者も人の子です。自分の話しを聞いてもれないと勿論ストレスがかかりますし、「この人は考え方が偏っていて、何か提案しても結局買ってくれなそうだな」と思われてっしまい良い提案を受けられなくなってしまう可能性があります。
 

ポイント 自己開示と購入意志をしっかり伝える

そして、大事なことが自分の属性情報をしっかりと開示することと、本当に物件を購入したい意志があることを伝えることです。物件探しをし始めると勿論必ず不動産会社を訪問して必ず聞かれることがあります。それは「属性」です。属性とは、勤務先、年収、金融資産、自己資金、借入状況、家族構成などです。個人情報管理が厳しい現在、これらの情報を初めて会った人に伝えるのは最初は抵抗があります。

しかし、これらの情報は積極的に開示していかなければなりません。開示しなければ間違いなく良い情報は入ってきません。なぜかと言うと、不動産会社の担当者から見た印象はもちろん良くありませんし、担当者はお客さんの属性をイメージして未公開物件を紹介していくのです。自己開示に加えて本気で購入したい意志を伝えておく必要もあります。

それは、担当者は営業ですので少しでも早く成約につなげたいわけです。担当者には、自分は本気で買いたいと思っているし、しっかりと融資も組めることを印象づける必要があるのです。

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!