豊かな人生を送るために、20代が今やるべきこと

こんにちは!

藤本です^^

 

 

毎日全国の不動産投資を始めたい方から、ご連絡をいただきます。

 

 

30代から40代ぐらいの方が多いのですが、最近は20代前半の方からもよく相談を受けます。

 

 

話しを聞いてみると、会社員を2~3年経験して、先輩や上司を見て自分は同じ道をたどりたくない、大手企業に勤めているが、将来どうなるか分からないから不安、会社員を続けても収入が増える余地があまりないなど、真剣に将来を考えている方が非常に多いです。

 

 

そこで、今日は不動産投資で豊かな生活を送れる30代、40代になるために、20代の人が今からやるべきことをお伝えします。

 

 

私の体験や反省を踏まえてお伝えできればと思います。

 

 

簡単にまとめると以下の内容です。

 

・2~3年働く

・貯金をする

・無駄な飲み会に行かない

・お金を借りる

 

・投資を始める

・住宅ローンを活用する

・結婚は後回し

・仲間を作る

 

 

 

まず20代でやっておきたいことは、貯金です。社会人になって初任給がでると嬉しいですよね。

 

 

私は宇都宮のギョーザを親に買った記憶があります笑

 

 

そして、アルバイトとは違って収入は当然学生時代よりも高くなります。

 

 

そこで、貯金できかどうかでその後の生活が変わってきます。

 

 

私はどうだったかというと、自分の好きなものを食べたり、飲んだりしてほぼ全てを飲食費に使ってしまっていました。

 

 

営業で歩合をもらっても、消費者金融の支払いですぐになくなってしまい。

 

 

貯金とは無縁の生活を送っていました。

 

 

これが本当に失敗でした。

 

 

あの時に資金をしっかり貯めておけば不動産投資はもっとはやく始められたはずです。

 

 

確かに、飲んだり食べたりは楽しいのですが、不動産投資のためと思って貯金をぜひしてください。

 

 

そのためには、ムダな飲み会に行く必要はありませn

 

 

 

会社の嫌いな上司と飲みに行くのは面倒だし、お金ももったいありません。

 

 

また、会社の飲み会で不動産投資の話しをしようとすれば、回りの人は全力で引きとめてくるはずです。

 

 

 

したがって、ムダな会社の飲み会は行く必要がないかと思います。

 

 

そして、少なくても2~3年働きます。

 

 

やはり、これはなぜかと言うと銀行から融資を受けるためです。

 

 

仕事を始めてから1年未満だと融資が厳しいです。

 

 

不動産投資で融資を受けるためにまずは、転職をせずに源泉徴収票をゲットしましょう。

 

 

そしたら、次はいよいよ不動産投資を始めます。

 

 

最初のうちは、安い区分マンションでも良いかと思います。

 

 

 

区分マンションをローンで購入すると、ほとんど手残りはありません。

 

 

しかし、銀行への返済や賃貸経営の実績は作ることできるため、後ほどの物件規模拡大に役立ちます。

 

 

しかし、この区分マンションから1棟ものへシフトする際に大事なのが、業者選びです。

 

 

よくあるのは、区分マンションは売ったら売っただけで、その後のお客さんの物件規模拡大を考えていない業者が大勢います。

 

 

したがって、将来の物件規模拡大のことまで考えてくれる業者探しが重要です。

 

 

そして、勤続年数が2~3年になれば収益不動産ローンだけではなく、住宅ローンが組めるようになります。

 

 

住宅ローンを使った不動産投資も存在します。

 

 

例えば、中古戸建、区分マンション、賃貸併用住宅などです。

 

 

これらは住宅ローンを活用することで購入が可能なのです。

 

 

住宅の購入と同じぐらい重要イベントになるのが、結婚ですが、これは後回しでもよいかもしれません。

 

 

なぜなら、結婚した後に不動産投資を始めようとしたところ、奥さんに大反対されて諦めている人が大勢います。

 

 

そうならないようにするには、女性に対してきちんとした証拠を見せるためにも結婚前に不動産投資の実績を先に作っておいてしまうのです。

 

 

今は独身でも不動産投資を始められます。

 

 

パートナーに断られるまえに始めてしまいましょう。

 

 

最後は、「新しい仲間を作ること」が大変重要です。

 

 

社会人になると、毎日接触する人が同じになってくるため、新しい価値観や考え方がなかなかできなくなってきます。

 

 

私が脱サラして感じたのは、勤めている会社の社会はとても小さかったということです。

 

 

例えば、私が勤めていた会社には、年収1000万~2000万ぐらいのひとはたくさんいました。

 

 

会社員のときは自分もそれぐらいの年収を目指そうと思って頑張っていました。

 

 

しかし、脱サラして会社以外の人に会うようになると、20代とか30代で億を稼ぎ、タワーマンションに住んでいる人、年収1000万で、時間のゆとりがあって好きなことをしている人などと出会ってきました。

 

 

その時に思ったのは「狭!」自分はなんて小さい世界で生きてきたのだろうと痛感したのです。

 

 

また、不動産投資仲間にも大勢出会ったことで銀行の借換に成功できましたし、優良な業者の紹介をしてもらえたりしています。

 

 

このような状態になったのは、「環境」を変えて新しく仲間を作ったおかげです。

 

 

20代の方にお伝えしたいのは、「世界は広い」ということです。

 

 

私もまだまだ知らない世界はたくさんありますが、会社員時代よりは見てきた世界が広がっています。

 

 

新卒でせっかく入社した会社に固執して、保守的になり定年まで頑張って働くのも良いかもしれませんが、一度しかない人生です。

 

 

自分の知らない世界を見たいと思いませんか?

 

 

そのためには、まずは「環境」を変える努力が必要です。

 

 

この記事を読んで、1ミリでも「現状を変えたい」と思ったら今すぐ行動していきましょう。

 

 

成功している人こそ行動が早いですね^^

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!