あなたは「そのうち客」それとも「今すぐ客」?

ポイント 不動産会社は今すぐ客しか相手にしない

あなたは「そのうち客」それとも「今すぐ客」

スーツ

不動産投資で良い情報をもらうためには、不動産会社の担当者から一番で連絡をもらう必要があります。担当者の中には、2種類のお客さんが存在します。それは「そのうち客」と「今すぐ客」です。意味は言葉の通りです。「そのうち客」は今は物件を買わないけど。そのうちかうだろう人です。もう一つの「今すぐ客」は物件さえあればすぐに買ってくれるだろうというお客様です。物件を買いたい人は、担当者からどっちの人思われたほうがいいかというのは分かりますよね。

そう、「今すぐ客」です。私も以前このような経験をしました。私が今年になってから継続して物件探しをしていました。東京都内で新築アパートを探していて、ある会社のホームページが目に止まり。さっそく連絡しました。担当者が外出のため、帰社後折り返し連絡しますと言われました。夕方になっても夜になっても携帯が鳴ることはありませんでした。数日経過しても連絡がなかったので自分から連絡してみると担当者が電話にでたのです。

悪びれた様子もないのにはとても驚きました。そして私の属性を伝えたところ、このような返事でした。うちは会社員専門ですし、融資が厳しいと思いますので・・と言われました。そこで融資付けは自分でするから物件は提案してほしいことを伝えるとそおれはできないとのこと。その電話依頼2度と電話が私にかかってくるこてゃありませんでした。

この時の担当者のなかでは完全に私は、「そのうち客」を通り越して、相手にもされませんでした。会社員しか相手にしない業者は存在するので気にしませんでしたが、こういう会社の担当者はお客さんにランク付けをしてきます。そのランクが高くないと一番で情報提供はされないんです。ではどうすればいいかというと簡単で、「今すぐ客」になればいいだけです。「今すぐ客」と思わせる方法をお伝えします。
 

ポイント 「今すぐ客」になるためには

まず1つ目は、属性をアピールすることです。上場企業にお勤めをしていたり、年収が1千万円以上とか、金融資産が数千万円あるなどアピールできることはどんどんしていきましょう。自営業の方は、決算が黒字のことや、特に金融資産があることなどを強調することが重要です。なぜ属性をアピールするべきかというと、銀行の融資をうける方が多いので、担当者も融資がつきやすい人のほうが好きだからです。

そして2つ目は、やる気を見せることです、精神論的な話しではなく、担当者が一番で連絡するのは属性の高い人の中でもすぐに物件を購入してくれる人です。以前担当者と話したときに言っていました。「面倒な人」と「買うか買わないな分からない人」に連絡するのは後回しにするとのこと。自分がしっかりと物件購入する人間なんだと理解してもう必要があるのです。そして、最後は定期的に連絡をすることです。属性がよければ、担当者は1度か2度は連絡をするでしょう。

しかし、2度断られたりすると、次のお客さんのところに提案に行ってしまいます。そしてあなたのことは忘れてしまい、連絡が全く来なくなります。そうならないためには、定期的に連絡するのです。そして自分の希望条件をはっきりと伝えましょう。しかし、その時の注意点は、条件を言いすぎないことです。エリア、利回り、立地など言いたいことはたくさんあると思いますが、要点をいくつかにしぼって伝えておくの重要です。

あれもこれもと言ってしまうと。「この人は面倒くせーな」とか「今どきそんな条件の物件なんかねーよ」と思われてしまうからです。そうなってしまうと良い情報が入ってこなくなってしまうので、2~3個だけ言って、あとは人間関係を作っておくことも大事です。もう一度言います。不動産会社の担当者には必ず「今すぐ客」だと思わせてください。断るのは物件提案された後でも遅くありません。担当者と相性合わないとか、情報が全然入ってこないなどの理由があれば無理に連絡を取ることはありませんのでそのへんはしっかりと見極めていきましょう。

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!