夢を叶えるためには〇〇を止める

【夢を叶えるためには〇〇を止める】

 

こんにちは

藤本です。

 

 

今日は朝から新幹線で大阪に向かっています。

 

 

久しぶりに大阪でセミナー開催です。

 

 

昨日は都内でビジネス仲間と食事会だったので、都内に泊まっていました。

 

 

サウナ付きのホテル泊まったので、朝からガンガン汗をかいて気分爽快です^^

 

 

今日はなんだか良いセミナーになりそうな気がします。

 

 

新幹線の中で思ったことがあるので、それについて書いていきます。

 

 

突然ですが、あなたには「夢」ってありますか?

 

具体的に想像してみてください。

 

例えば、脱サラして自分のお店を持ちたい、世界を旅してまわりたい、忙しい生活から解放されてただのんびりしたい、奥さんと一緒においしいごはんを食べにいきたいなど、1つぐらいありますよね。

 

そして、その夢はいつまでに叶えたいですか?

 

 

このように質問すると、ほとんどの人が制限をつけるんです。

 

 

今の生活だと時間もないし、収入も多いわけではないし、子供がまだ小さいから・・

 

このように今のライフスタイルや生活を元に考えてしまいがちです。

 

 

すると、本心ではすぐに叶えたいのに1年後、3年後・・・とだんだんその期限が延ばそうとします。

 

 

そうではなく、今の生活とか収入とか家族のこととかすべて忘れて、純粋にいつまでに自分の夢を達成したいかを考えてみてください。

 

 

この制限を一切外せば、限りなく今現在に近くなってくるはずです。

 

 

しかし、残念ながらあなたの「夢」は叶うことはありません。

 

 

日本人の8割が知らない間に犯してしまっている〇〇を辞めないかぎり、夢はかなわないのです。

 

 

「儚い」という言葉を見ると、「人」と「夢」という言葉で成り立っています。

 

人は夢を持ち、夢を語りますが、ほとんどの人はその夢を叶えることができていません。

 

 

せっかくの自分の夢ですから、1度しかない人生ですし叶えたいですよね。

 

そのためには今すぐ、〇〇を辞めなければなりません。

 

 

なんだと思いますか?

 

 

それは「先伸ばしにすること」を辞めることです。

 

 

あなたの夢を達成するためには今すぐにでもスタートしたほうがよいのは100%間違いない事実です。

 

 

ところで、あなたは今まで何かをしようと思って先延ばしにして結局やっていないことってありませんか?

 

 

私は思い返すといくつかあります。

 

 

例えば、ダイエットです。

 

 

ダイエットをしようと思うのですが、夕食になるとビールが飲みたくなり、結局ダイエットは明日から・・そんなこと言っていたらダイエットを全くしていない経験があります。

 

 

他にも大学生時代に、教職免許を取得しようと思って授業を受けようとしましたが、遊ぶのが楽しくて、次の授業から受けようと思ってたら、いつの間にか教職の授業を受けようともしなくなっていた経験があります。

 

 

あなたにも必ず1つぐらいこのような経験ってありますおよね。

 

 

もし、私はダイエットを頑張っていたら、今お肉たっぷりの体がモデルみたいになっているかもしれないし、大学時代に教職免許を取っていたら教員に今ごろなっていたかもしれません。

 

 

つまり、自分の未来が変わっていたはずです。

 

 

したがって、夢を本気で叶えるためにやるべきことは、先延ばしすることなく今すぐ始めなければ夢は叶わないし、未来が変わることはありません。

 

 

だから、過去に自分が先延ばしをして、達成できなかった、この経験を生かしてこれから自分の目の前に何かしらのチャンスがあれば、先延ばしをしないで「即決」してください。

 

 

「いつか」「そのうち」はずっとやってくることはありません。

 

 

もう一度お伝えします。

 

 

本当に自分にとっていいなと思える、チャンスと思えるなら先延ばししないで決断してください。

 

 

この決断というのは、「やらない」「断る」の決断も含まれています。

 

 

人生って決断の連続です。夢を叶えたい、未来を変えたいと思うのであれば、先延ばしをすることを今すぐやめていきましょう。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!