日本版サブプライムローン問題は起こるのか?

こんにちは

藤本です。

 

 

ここ連日よく見るニュースと言えば、

アメフトの悪質タックルのニュースですが、

 

 

それとは別によく目にする

ニュースがあります。

 

 

それがスルガ銀行です。

 

 

かぼちゃの馬車問題が表面化、

返済能力のない人に対して過剰な融資をしたとして、

 

仲介会社、銀行がオーナーから訴えられているニュースです。

 

 

個人的にはもうそろそろニュースで取り上げなくてもよいのでは・・・と思いますが、毎日報道されています。

 

 

今朝も気になる見出しがヤフーニュースにありました。

 

 

スルガ銀行が日本版サブプライムローンのような問題に発展するのではという記事です。

 

 

米国発のサブプライムローン問題は、収入が低い人に対して住宅ローンをバンバン貸していました。

 

 

そして、そのサブプライムローンを担保とした証券を作り、投資目的の金融機関や投資家に販売。

 

 

米国の住宅バブルがはじけると、証券化商品の価格が急落して証券化商品を所有していた金融機関は大きな損失を出したのです。

 

 

その結果、元々の焦げ付きのリスクを誰がどれだけ抱えていかが見えなくなり、投資家は疑心暗鬼に陥り、信用不安が一気に広がりました。

 

この記事を読んで思ったのは、ぱっと見は今回のかぼちゃの馬車の問題に似ているような気もしますが、よく考えると違うかなと思います。

 

 

私は米国のサブプライムローンのような問題にはならないと思います。

 

 

まず、サブプライムローンの対象者はクレジットカードの返済が遅れたり、所得の低い人を対象にしたローンです。

 

 

しかし、今回のかぼちゃの馬車の被害にあったオーナーの属性は、上場企業、医者など収入が高い人が中心です。

 

 

そして、サブプライムローン問題と今回のスルガの問題を比較すると決定的に違うことがあります。

 

 

それはローンの返済の支払い原資です。

 

 

サブプライムローンのときは住宅ローンですので、返済原資は資金を借りた人の給料から支払われます。

 

 

しかも、低所得の少ない給料からの支払いです。

 

 

今回のスルガの件はどうかというと、収益不動産ローンです。

 

 

つまり支払い原資は入居者から受け取る家賃になります。

 

 

かぼちゃの馬車のオーナーは、この家賃収入の部分が予定通り入ってこなかったために問題となっております。

 

シェアハウスの過剰供給、無理なサブリース、うまくいかなかった人材派遣業など、今問題になっているのはかなり特殊な事例です。

 

 

スルガ銀行はシェアハウスだけでなく、今まで多くの通常の賃貸物件にも融資を行ってきました。

 

 

当然これら通常の賃貸物件の中でも、予定したとおり入居が決まらないで返済が大変なオーナーもいます。

 

しかし、融資を受けた人の給料が返済原資(給料)となっているサブプライムローンに比べれば、返済原資が入居者の家賃です。

 

また、証券化されたサブプライムローン問題とは異なり、いつ、だれに、どれくらいの融資をしたかも明確になっています。

 

 

そのためヤフーニュースに書いてあるような日本版サブプライム問題には発展しないのではと考えています。

 

 

今後、この混沌とした融資環境がいつまで続くのか、さらに厳しくなるのか、スルガのようにバンバン融資をする銀行がまた現れるのかどうか、不透明なことばかりです。

 

 

しかし、暗いことばかり言っても仕方ないので、今できることをやっていくしかありません。

 

 

融資は完全に閉まってしまったわけではありません。

 

 

銀行の支店や担当者を変えたり、銀行評価の高い物件をもってきてくれる業者探しなどできることはいくつもあります。

 

 

まだしばらくスルガニュースは目にすると思いますが、前を向いて動き続けられる人が成功すると思います。

 

 

今日も最後まで聞いていただきありがとうございました。

 

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!