なぜ不動産投資は、目標設定をするべきなのか?

ポイント なぜ不動産投資は、目標設定をするべきなのか?

あなたは必ず壁にぶつかります。

目標

こんにちは!“最初で最高の決断”サポーター藤本です^^は久しぶりに朝から外出しています。今日はいろいろとビジネス関係の打ち合わせでお出かけです。天気も良いしすがすがしいですね。はい、今日は早速本題に入っていきます。いきなり質問です。あなたはなぜ不動産投資をしたいのでしょうか?もっと言えば、あなたはなぜお金がほしいのでしょうか?この質問にすぐ具体的に答えられないとブブーです笑たぶん頭の中は、給料だけでは不安がある、子供の教育資金にしたい、老後の生活費にしたいなどいろいろ頭に浮かんだはずです。

しかし、はっきり言っておきます。今考えたぐらいのことでは、来たるべき今後のここぞという勝負時にうまく決断できなかったりします。不動産投資を始めるにあたりぶつかる壁はいくつか想定されています。1つ目は資金の問題です。現金がたくさんある方であれば、この問題は心配ないですが、限られた資金で銀行から融資を受けて始めようとしている人によく起こる問題です。私のように自分の希望通りの融資を受けられず、指をくわえて物件情報をみるだけになってしまいます。

2つ目の物件は自分の基準に合った物件を見つけられないことです。ますます活況になっている不動産投資市場で、融資も付いて、賃貸需要も問題なく、建物もそれなりにしっかりしたものを見つけられないのです。

3つ目が、決断できないことです。例えば、あなたは初めて物件を見に行きました。超運良くその物件が最近ではめったにない優良物件。価格は1億円。利回りはめちゃめちゃ高く、物件周辺には大学や、大手企業ばかりの超優良物件。あなたはここぞとばかりに物件を購入することができると思いますか?おそらくできないでしょう。

もちろんできる人もいますが笑それはなぜかというと、物件を見て回っていないから相場が分かっていない、価格が高い、何が怖いか分からないのが怖いからです。すると、どうするかというと、その物件の悪いところを見つけはじめます。自分が正当化されるように脳って都合よく働きます。そして最後の理由につながります。

5つめは、不動産投資をできない理由の一番多いものです。それは、何だと思いますか?それは、不動産投資の物件を探すための行動を止めてしまう、つまり諦めてしまうことですね。本当に多いこれが。最初はよーし自分も不動産投資を始めるぞ!と言っていた人が、今言った問題に何度もぶつかると「自分にはできない」「本業が忙しいから今はできない」など都合の良い理由を作って諦めてしまうんですね。私もそういう人たちをたくさんあ見てきました。本当にもったいないと思います。

ではどうすれば行動を維持できるかというと、いくつかポイントがあります。その中でも最も大事なことが「目標を明確かつ具体的に持つこと」です。諦めてしまった人たちは最初は熱く理想を考えていたのかもしれません。しかし、時間の経過や仕事の忙しさに負けえいつのまにか不動産鳥投資のことを考えることを停止してしまうんですね。

しかし、そういうときこそ、そもそも自分はなぜ不動産投資をしたいのか?じっくり考えてみてください。というか物件探す前から念入りにイメージしておく必要があります。具体的な方法として、自分が不動産投資で成功したら何をしたいか全て書き出してみてください。そして、ただ書き出すだけでなく、自分の書き出したことをどんどん掘り下げていきます。

例えば、お金がほしい、なぜ?、旅行がしたい、なぜ?、友達に「いいな~」言われたいという感じで、「なぜ」を3回繰り返してみてください。本当に不動産投資を始めたい理由が出てくるはずです。そして出てきた本当にやりたいことを紙に書いて家の中の部屋に貼っておくと効果的です。これからくる困難にぶつかったときにいつもその紙を見ておくと、自然と行動が続けられるはずです。

その行動とは、具体的に物件を見に行く、不動産会社を回ることです。難しいことはなく誰にでもでいることです。これさえ続けていれば物件を購入できないことはないはずです。しかし、こんな人は物件を購入できません。それは「説明書大好き人間」何のことかというと、家電製品を新品で買いますよね。必ず説明書がついてきます。私は説明書を読むのが苦手です。

だから、まず電源を入れていじってみる。そしてうまくいかなければ説明書を見る。この行動の繰り返しです。不動産投資も一緒です。まずは自分が動いてみる、そして分からないことがあれば勉強する。このスタンスが最も効果が出やすくそして早いです。不動産投資をできない人は「説明書」だけをずっと読んでいる人です。つまりノウハウ本で勉強しているだけの人ですね。

最後に、目標も明確になった、融資の情報も頭に入った、物件も継続して見にいっている、だけど物件を購入できない人が世の中にたくさんいます。その原因はいくつかあります。その理由を含めて次回は、「不動産鳥投資の未経験者が、サクっと最初の1棟目を購入する方法」についてお伝えします。次回もお楽しみに(^^)/

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!