不動産投資で成功するためには物件探しで決まる

ポイント 物件探しは行動量で決まる

不動産投資で成功するためには物件探しで決まる

虫メガネ

不動産投資を始めるまでは、流れがある。不動産投資に興味を持つ、勉強する、資料請求をする、不動産会社訪問、物件探し、買付け、契約、決済という流れで大家さんになる。この流れのなかで最も重要で時間をかけるべきところはどこだと思いますか?それは、「物件探し」です。ここにどれだけの時間をかけられるかが成功の分かれ道と言っても過言ではないです。

よく不動産投資を始めようとする人は、損益計算、小難しいシュミレーションなどを好んでやりたがりますが、もっと時間をかけるべきところは物件探しです。いくら専門知識があったとしても、物件がなければ意味がありません。物件がなかなか見つからないという人がいるが、どれくら不動産会社、物件見学に行ったのでしょうか。よく聞くと数社回ったぐらいの方がほとんどです。これぐらいの行動量では良い物件は見つかりませんし、情報も入ってこないでしょう。少なく数十社は回るべきです。

そして情報を持ってきてくれる担当者を見つけていくのです。不動産以外の買い物は、いろいろなお店に行って、価格や商品をよく比較するにも関わらず収益不動産だと数社しか回らないのはおかしくはないでしょうか。良い物件と出会うために1件でも多くの業者と物件を回る必要があるのです。
 

ポイント どこでも回る

よくどこから回ればよいかという質問をいただきますが、どこからではなく、どこでも回ったほうが良いでしょう。一番簡単なのは、楽待に掲載されている物件を問い合わせて、見学に行く方法です。このメリットは、楽待で資料請求をすると業者のメーリングリストに勝手に登録されますので、そのうち業者からメールで物件初回がくるようになります。メールで紹介されるものの多くはたいした物件ではないですが、たまに気になる物件もありますので、無視はできません。

自宅近くの不動産会社から回ってみることもオススメします。楽待に掲載されているような不動産会社は収益不動産専門のところが多いですが、収益専門でない不動産会社も回っておくべきです。特に地方の業者の中では、昔から地主さんとつながりが強く、パイプを持っている業者も存在します。そういう不動産会社の特徴として、融資付けが苦手、もしくはできない業者が多いです。情報はあるけど融資はちょっと・・業者が融資が苦手であれば自分で融資付けするか、不動産会社の中には一定の手数料を払えば融資付けだけしますという不動産会社もありますので、お願いしてしまう方法もありですね。

また地方の小さい不動産会社でもメルマガを発行している会社がありますので、こまめに登録をしていると良いでしょう。やはりたまに良い情報が入ってきたりします。
 

ポイント 物件探しは継続する

いろいろな物件探しの方法にお伝えしてきましたが、この物件探しに一番時間をかけるべきです。勉強や専門知識をインプットも大事ですが、物件がなければ前にすすむことはありません。そしてこれは継続していかなければなりません。

1棟取得すればいいだけということであれば継続して物件探しをする必要はありませんが、月に100万円以上、年間1000万以上のキャッシュフローを残すためには常に物件探しをする必要があります。不動産会社を回っていると、有益な情報を提供してくれる業者や担当者が限られてくることに気が付きます。いかに良い情報を提供してくれる業者や担当者とつながりを持てるかが重要です。

逆にそのつながりさえ複数もてれば物件探しのために業者回りもしなくて済んできます。大変なのは最初だけです、成功するためにはまずは物件探しに力を入れてください

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!