家族あってこその不動産投資

ポイント 流れてしまった新築アパートの件

家族あってこその不動産投資

不動産投資

夕方また妻と喧嘩しました。昨日自宅に帰ってくると、子供の件でなんだか疲れた様子。その時自分もテンション低いようないらだっている感じでした。私がそんな気分が原因はただ1つ。新築アパートの話しが流れてしまったからです。私は初めて業者から断られました。 融資がつかないとか、現金で買う人に持ってかれたことなどは数えきれないくらい経験しているのですが、今日は業者の方から断わりでした。

その業者は、土地探しからアパートの建築、賃貸管理まで一貫して商売をしている会社なんです。物件もよし、融資もフルローン、後は契約だけだったのに・・・その断わり理由なんだと思います?それは・・・「費用の1割を請負契約時に手付けで入れろ」といきなり言ってきたのです。いやいや何のために自分で銀行回って少ない自己資金で済むように融資付けしたと思ってるの?私は最初は、不思議な気持ちでいっぱいでした。

担当者が言うには、自己資金1割入れないのはイレギュラーでしたので、社長から許可が下りませんでしたとのこと。いやいやそれなら最初から、フルローンの融資がついたとしても「自己資金はいったん1割入れるルールになってます」とあらかじめ言っておいてくれよと憤りを感じました。
 

ポイント それって大人の事情ですよね?

しかし、よく考えると憶測ですが、大人の事情がありそうです。埼玉南部で新築アパートで利回りは、9%中盤でした。家賃設定はネットでも管理会社へヒアリングしても高すぎず、むしろ安いくらい。なぜ、断わられたか冷静に考えるといくつかの理由が考えられました。・自分が多少請負契約の値引き交渉をした・業者が融資付けできなかった時点で他のお客さんに声をかけていた・相場を考えるともう少し価格を上げて利回りを8%ほどにしようとしていたなどの理由が浮かんできました。

担当者が言う断わり理由は、「いったん自己資金を入れないのは、イレギュラーだから」でしたが、不思議だったことが1つあります。もし社長の許可が出ない場合でも、自己資金をいったん1割入れればいいんですよねと担当者に聞いたら、「それはダメです、許可が出ない時点でこの話しはなかったことになります」と言っていたのです。いや意味分からないから・・ あたかも私に断らせるような受け答えをしていたのです。これだけ不動産投資が活況な現在、他にも買いたい人はいっぱいいるし、もしくはもう既に他に購入意志のある人がいたかもしれません。

藤本様にしかまだ声はかけてませんので、なんて言ってましたが( ̄д ̄)正式な断わりの連絡の際に担当者が、「私も頑張ったんですが」なんて言ってきたのでイライラは頂点に達しました。会社のルールじゃなくて大人の事情だろ!と心の中で発狂していました( 一一)まあ物件を買えないのには慣れてますが、 本当に胸糞悪い1日でした。 正直言って、あんな会社潰れちまえ!とさえ思いました。すみません、完全に愚痴ですね汗
 

ポイント 物件買えなくても家族に迷惑をかけてはならない

そんな気分のところに、子育てにイライラしている妻が、飯食ってビール飲んでふて寝していると、子供のことでガミガミ言ってきて、喧嘩がエスカレートしてしまったのです。よく考えると、妻のことはあまり頭になく、その件のことでイライラしていたことに気づきました。

一番最悪なのは、夫婦で喧嘩しているところ見ている子供が泣いてしまったこと。妻も言ってましたが、子供は全く悪くありません。私がイライラしているのが原因です。ついさっきまでイライラしてました。どうすればこのイライラが減るのか考えたところ、この文章を書くことにしたのです。

今日お伝えしたいことは、物件買えなくてイライラしても家族に迷惑かけてはいけないということです。「お前が言うな!」そうです、私が反面教師です。家族あってこその不動産投資です。明日朝長男が起きたら、さっそく謝ろうと思います(/ω\)

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!