投資・ビジネスで根本的に必要なものは○○だった

こんにちは!
藤本です。
 
 
今日は朝起きて窓開けたら、真っ白でびっくりしました。
  
 
今日は濃霧だったみたいですね。
 
 
そして、今日は嫁とあるところに行ってきたんです。
 
 
どこ行ったかというと、幼稚園です。
 
 
次男が幼稚園での最後の授業参観日でした。
 
 
かなり練習したと思われる、演奏や歌を聞いて感動してしまいました・・涙
 
 
その幼稚園の中に次男が書いた絵が一枚あったんです。
 
 
その絵を見て笑ってしまいました。
 
  
その絵を見てみると、画用紙の真ん中におそらく次男自身を書いてあるはわかりました。
 
 
しかし、その自分自身の周りには、マルがたくさん書いてあってその中には10とか1とか、5とか数字が全部のマルに書いてありました。 
 
 
嫁と一緒にこれなんだろうと思ってました。
 
 
次男に確認してみると、そのマルは「お金」という意味でした。
 
 
どうやら、その絵は将来なりたい仕事とかを書くテーマだったようです。
 
次男はなぜか、お金が大好きで先日一緒に風呂に入っているときに「俺も社長になる!」と言っていました。 
 
なんで?と聞いてみると楽しそうな顔して「お金たくさんほしいから」と言っていました。 
 
 
次男が将来どんな大人になるのか楽しみです笑
 
 
このただ純粋に「お金がもっとほしい」という気持ちってとても大事だと思うんです。・
 
 
なぜなら、世の中には「収入を上げたい」「お金がほしい」と言っている人たちが大勢いますが、心の奥底から純粋にお金をほしいと思っている人は少ないとおもいます。
 
 
例えば、友人や身内に投資やビジネスのすばらしさを今まで何回も伝えてきました。
 
 
その話しを聞いたときは「おもしろそう」「私もやってみたい」など興味があるようなことを言ったりしています。
 
 
では、その話しを聞いた知人や身内が具体的にアクションをおこしたかというと、1人もいません。
 
 
これはある人と飲みながら話しをしていたときに、具体的アクションを起こさない原因が分かりました。
 
その人が言ったこととは

「お金はほしいけど、現状でも満足しているかな」と言っていたのです。
 
 
多くの人が収入を増やしたい、自由な時間がほしいと言いながら、新しいことにチャレンジしません。
 
 
その点、次男は貪欲です。
 
 
なぜ、お金がほしいかというと、ドラゴンボールのキラキラしたレアカードがほしくてほしくて仕方ないんです。
 
 
そのカードのためならあらゆる方法を探して、どうにか私に買ってもらえないか交渉してきます。
 
何かを得るために純粋にお金がほしい、この気持ちがあるかないかって非常に大切です。
 
投資をしたいと言って始めない人
 
ビジネスを始めたいと言って始めない人
  
  
このような人たちを見ると、子供のような純粋に「ほしい」という気持ちが少ないのかなと思ってしまったりするわけです。
 
 
だから、投資、ビジネスで成功したいと思うのであれば、車、家、ジュエリー、服、旅行、食べ物、なんでも良いのでほしいものを作ると良いと思います。
   
  
なかなかスタートきれない人に限って、なんとなく将来お金の不安がある、余裕を持ちたいなど結構漠然と考えている人が多いです。
 
  
だから、本当に収入を増やしたい、お金を増やしたいと本当に思っているなら、まずは心の奥底から本当にほしいものを決めてみてください。
  
それを決めることができれば、自然と新しいアクションをあなたは起こしているはずです。
  
  
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。