不動産投資をオススメする人ぴったりな人

ポイント ブラック企業なんか辞めちまえ

不動産投資をオススメする人ぴったりな人

営業マン

ブラック企業という言葉をよく聞くように
なりましたが、もしかして自分が勤めている
会社もまさか・・・

そう思っている人は

=========

さっさと逃げる

=========

逃げたい気持ち分かりますよ!

私は新卒でアパートを地主さんに建築
してもらって、その建物をサブリースに
する会社に就職しました。

主な仕事は営業で、地主さんのところを
飛び込みで回ったり、朝から晩までひたすら
電話営業をするのです。

今でもよく覚えているのが電話営業です。

朝8時30分から始まり夜10時過ぎまで
ひたすら地主さんに電話をかけます。

電話できる先も限られているので、
同じ人に話しを変えたり、時間をあけて
また電話したり何回もかけます。

まじで電話先でキレます(笑)

しかし、電話をかけ続けなければなりません。

ある上司の時には電話営業の不思議な
ルールがありました。

電話営業で私の仕事は、主に地主さんと
アポを取るのが仕事なのですが、なかなか
取れません。

その珍しいルールとは、電話営業をして
1時間アポを取れなかったら服を脱いで
いくというものです。

朝から晩まで数百件電話をしたところで、
アポが取れないことなんか普通です。

私は時間が経つにつれて薄着になって
いったのです。

終盤になると、革靴にパンツ一丁という
格好です。

トイレもそのまま行ってきました。

それでもアポは取れずに時間だけが
過ぎていきます。

「パンツしかはいてないけど、次は
まさか・・・」

努力もむなしくまた1時間経過したとき
に上司に確認します。

「パンツ脱ぎますか?」

「てめえのなんか見たくねーから
これでも使え」
と言われ手渡されたのが
ビニール袋。

パンツをおろし、股間にビニール袋を
まいて電話営業再開です。

しかし、不思議と違和感ありませんでした。

自分の回りを見ると、裸の人ばかりだから
です。

中には、電話をしているふりをしてあたかも
アポが取れたことにしてうまく外出する人も
いました。

私はそういうのが苦手というか正直すぎたの
かもしれません。

結局アポは取れずに終わってしまうのですが、
それで上司からよく頑張ったねと言われるか
というとそんなことまずありません。

営業の世界では数字が人格となり、
毎日とても厳しい成果を追及されます。

私は、トップセールスではない
ので、全然うまくいかなかったんですよね。

するとどうなるかというと、
「つめ」というものが待っているのです。

それは何かというと、営業指導という名の
いじめです。

一日の営業が終わると、その日の成果報告
を課、個人で支店長にしていきます。

この時間が本当にきつい。

何がきついかというと、
「つめ」ですね。

保険の営業会社とかで数時間怒られ
続けるとかよく聞きますが、あれは
本当にあります。

私も数えきれないほどつめられました。

中には熱くなりすぎて殴ってくる上司
もいて、それに我慢できなくなって
しまい、殴り合いのけんかになったり、
入院する事態になったこともあります。

それでも上司に文句1つ言えないのです。
なぜなら「数字が出きない人に発言権」は
なかったからです。

文句があれば、数字を作れと言われるの
です。

そんな会社に3年弱勤めていると体に
異変が起きてきました。

謎の動悸と、運動もしていないのに手から
大量の汗。

病院に行っても特に異常がなく、
診断されたのは、心の病です。

この先引退までこの会社で働くのは
あり得ない!

そう強く感じました。

この頃からですね、
初めて不動産投資の本を手にしたのは。

しかし、実際に不動産投資を始めるのは
ここから数年後になります。

私が体験したような経験は、他の業界や
職種でもよくあるはずです。

もし自分が該当しているようであれば
早く逃げてしまってよいと思います。

ブラック企業にいると、自由な時間が
全くありません。

自己投資に使える時間は限られてしまい
ますので、今すぐにでも辞めてしまった
ほうがいいでしょう。

不動産投資を始めるにはある程度時間
を作る必要があります。

職を変えることで時間が確保できれば
不動産投資に1歩近づいたことになり
ます。

そして私は、同じような経験をしている
人に不動産投資を始めてもらいたいと思い
ますし、サポートもしていきたのです。

毎日出勤するのが憂鬱でしかたがない人
毎日上司に怒られるのが嫌な人
パワハラセクハラに困っている人
会社を早く辞めたい人
毎日帰宅時間が遅くて自由な時間がほしい人
会社を辞めたいでも収入がなくなるのは怖い・・

そんな方に不動産投資はぴったりです。

現状を変えたいと思う方には、
不動産投資は強力なパートナーになりますよ
(^^)/

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!