物件見学時のここだけは外せないチェックポイント

ポイント 自分の足を使って歩いてみる

物件見学時のここだけは外せないチェックポイント

物件見学

不動産投資を始めるためには必ず契約前に物件を見にいくはずです。いくら割安でキャッシュフローが多くても、実際に物件を見に行かないと分からないことが多くあります。ここでは物件見学時にチェックしておきたいポイントをお伝えします。

まずは物件周辺の環境チェックです。駅からどれくらいの距離歩いてみましょう。マイソクに記載されている最寄駅からの距離と実際の距離が違うことがありますので、自分の足を使って時間を計ってみましょう。私も経験したことがあるのですが、駅から物件までの距離はさほど遠くなかったのですが、途中坂道があり、実際にかかった時間よりも長く感じたことがありました。

そして自分の足を使いながら物件周辺のお店や公共施設、医療機関などの有無なども確認することをオススメします。近くにコンビニや大きいスーパーなどがあると入居付けの際にプラスポイントになるからです。物件周辺の競合物件周辺もとても重要で、同じような間取り、築年数の物件がどれくらいの入居率なのかをチェックすると、その地域の空室率が見えてきます。もし物件周辺のアパート、マンションの空室率が高い場合に考えられることがあります。

それは、そもそも賃貸需要がない、もしくは新築アパートの建設ラッシュで需給バランスが悪いなどの懸念があります。そのような場合、家賃下落リスクも高まりますので注意が必要です。
 

ポイント 聞き込みを習慣化する

まだ環境チェックするポイントがあります。それは嫌悪施設があるかないかです。繁華街に多いケースですが、ラブホテルや風俗店などがると入居付けに困るケースがあります。ほかにも火葬場や廃棄物処理場などが該当してきます。また反社会的勢力が近隣にある場合も入居付けに困ることやトラブルに巻き込まれる可能性もありますので注意が必要です。

他にも注意しておきたい点としては、物件の近隣に問題を起こす住民がいるかいないかなどのチェックも重要です。記憶に新しいのは、洗濯棒で布団たたきながら大声をだす女性がいたりしました。そんな人が近所に住んでいたら入居者さんは嫌ですよね。

これらのこと調べるためには、不動産会社からもうら資料だけでは判断できません。最も効果的な対策としては、近所の人に直接ヒアリングするのが良いでしょう。最初はかなり緊張すると思いますが、慣れてくると自然とできるとようになってきますので、物件見学の際の習慣にすることをオススメします。
 

ポイント 安心して契約するためには徹底的に調べる

最後は物件を見学する際のチェックポイントです。基本的なことですが日当たりはどうななのか、境界はしっかりとあるのか、外壁に触ってチョークがつかないか、軒下にシミがないか(雨漏りチェック)、基礎のヒビ割れチェックなどがあります。特に私がチェックしているのは電気メーターが動いているか、外から見てカーテンがあるかないかをよく見ます。

これはなぜかというと、不動産会社から渡されたレントロールの内容と、実際の入居状況が違うことがあるからです。近所に川がある場合は、過去に氾濫したことがあるかないかを近所の人にヒアリングすることもあります。この天災リスクについては現地でもヒアリングしたり市役所で確認することもできます。ネットでも災害ハザードマップというものがありますので、近所の川や山がある場合には、災害の恐れがあるかないか確認しておくとよいでしょう。

地盤についてもネットで調べられるサイトもありますし、現地でコンクリートのところがぐにゃぐにゃになっていないかなど確認します。擁壁があるかないかなども注意てが必要です。大きい地震で壊れたりするとかなり大きい費用が発生してしまうからです。現地に行かないと分からないことはかなりありますので、事前にしっかりと調べておくと安心して契約することができるのです。