不動産投資の買付け・融資打診のタイミング

ポイント 不動産投資の買付け・融資打診のタイミング

即買付け・即融資打診

時短

昨日私のLine@に登録していただいている方から質問がありました。質問の内容ですが、買付けのタイミングと融資の打診のタイミングです。物件をすでに購入している人からすれば、えっそんなことと思うかもしえません。

しかし、まだ買付けや融資の打診をしたことがない人からしてみれば分からないのも仕方ありません。そこで、さっそく動画を撮りました。

動画はこちら
「不動産投資の融資・買付けのタイミング」
https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=CLaookRoVOg一番多いケースは、買付けと同時に融資の打診をします。ここで大事なことがあります。それは「物件を探している段階で、自分の属性で融資を受けられる銀行の目星をつけているかどうか」です。

私自身の失敗として借りられもしない物件をひたすら探していました。何件も物件を探してそしてようやく融資の打診。しかし、結果は融資がダメ。これが続くと正直きついです。不動産投資を諦めてしまいます。

この悪循環にならないようにしっかりと目星をつけておくことが大事なんです。最近は、物件の銀行評価を事前にだしている業者もいます。すると、必要な自己資金や、年収などがあるていど決まっています。担当者に自分の属性を伝えればだいたい融資の可否が分かります。

そうなると、購入する人も担当者も無駄なことをしなくて済むわけですね。最初は買付け、融資の打診の流れが分からないと思いますが、何度も買付け入れてれば自然と慣れてきます。

買付けっていうとすごい契約のごとく重い感じがすると思います。しかし、買付けを入れていても購入できなことはよくあります。

1番手をおさえられなかった
現金でもってかれる
売り止めになる

などの理由で買えないことってほんとうによくあります。だから、これだと思えば即買付けを入れる。そして、あまり過度に購入できると思わないほうがいいですね。契約するまで何がおきるか分かりません。

だから、買付けはできるだけはやくする、そしてすみやかに融資の打診を平行して行うのが鉄則ですね。

LINE@で質問いただければどんどん動画を撮っていきます。

こちらから登録できます

【藤本光秀 LINE@】
★スマホの方は、
こちらをワンクリックすると、
LINEで直接質問・相談できます。

https://line.me/R/ti/p/%40mas5709w 

★LINE ID検索で友達追加の場合はこちらのIDで検索してください。

@mas5709w

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!