不動産投資で物件を購入できる人できない人

こんにちは!
藤本です^^
 
もう春ですね〜
コートが必要ない日が
増えてきました。
 
私はというと
花粉症がひどくて
目のかゆみ、
鼻がムズムズで
やばいです・・・
 
早く花粉の時期が
終わってほしいものです。
 
さて、今日のテーマですが、
「物件を購入できる人できない人」
についてです。
 
私は今まで多くの
方から不動産投資の相談を
受けてきました。
 
相談を受けていて
この人は物件をすぐ購入できる
反対に、この人はちょっと厳しい
このような予想ができるように
なりました。
 
では、これから
不動産投資を始めたい人に
必要な考え方やマインドについて
お伝えします。
  
結論から言うと、
「融資がつくなら、
全力で検討するべき」
です。
 
 
今の時代に
自己資金0円とか
少ない手出しで
物件を購入できることは
非常に稀です。
 
でも、世の中には
融資がつくにもかかわらず
 
○○がダメ・・
▲▲がよくない・・
 
何かしら理由をつけて
購入しない人がいます。
 
私はいつも買えばいいのに、
と思うのですが笑
 
その際に感じるのは
 
 【融資がつくことがラッキー
と思うこと】
 
 【細かすぎで自分なりの条件の
ある人は買えない】
 
ということです。
  
私は基本的に
  
融資がつく
収支も問題ない
入居付けもできそう
 
私はこの3つがクリアできれば
全力で購入に向けて
動いていきます。
 
見送る人を見ると、
粗探しばかり
している印象です。
 
 
物件を検討する際は、
 
ダメなところばかり
探すのではなく
 
良い点を多く探していく必要が
あります。
  
しかし、当然心配になる点も
あるわけです。

その時に大事なのが、
心配な点は、
どうにかカバーできないか
もっとそのマイナスポイントを
補うプラスポイントはないか
 
このような意識で
物件の検討をします。
 
だから、
マイナスポイントばかり
を探して、
 
不動産会社の担当者に
伝えるための
見送る理由作りだけを
するのはオススメできません。
  
例えて言うなら
  
物件をなかなか購入できない人は
ぱっと見で自分のタイプでは女性を
目の前にして、
  
なぜ、自分のタイプではないのか
ばかり探して、
自ら断ってしまう人です。
  
反対に物件を購入できる人は、
目の前に自分のタイプでない
女性がいたとしても、
 
何かもっと良いとこが
ないかなと思って、
 
積極的に話してみたりして
なんとか良いところを見つけて
お付き合いするように
頑張ります。
 
これって大きい違いです。
多くの人は前者になりがちです。
  
現在は融資が非常に厳しい時代です。
  
100パーセント自分の理想を
追いかけていると、
大きい機会損失になります。
 
だから、ちょっとタイプでは
ないんだよな〜と
思っても
 
まずは他にも良いところが
ないか検討していくべきかと思います。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
 
次回は【今後の規模拡大について】について
書いてみようと思います。
 
次回もお楽しみに^^