不動産投資で必要なマインドセットとは

ポイント 大家になれるのは数%?

不動産投資で成功するために必要なマインドセットとは

問題

不動産投資で成功している人に共通していることがあります。それは本当に不動産投資を始めたいのかどうかという「本気度」です。不動産投資に興味がある人が100人いたとして実際に物件を購入して大家さんデビューするのは数%ではないでしょうか。多くの人は本やブログを読んで満足して終わってしまう人がほとんどなのです。それはなぜかというと本気ではないからです。自分は不動産投資で成功して人とは違う人生を送りたい!という強い信念が欠けてしまっているからです。

最初は雑誌やネットで成功者の話しを見てきいて自分もやってみようかなと思うのですが、「やってみようかな」では始めることができないのです。それは何故かというと、不動産等投資は金額的にも大きいですし、ほとんどの人が銀行から借入れをして不動産投資を始めています。興味を持ち始めて本を読んでいると、分からないことがたくさん出てきます。さらに物件を探そうとするとどの物件がいいのかどうかも分からない、銀行が希望通りの融資をしてくれないなどの問題に直面するのです。
 

ポイント 問題に直面すると諦めやすい

問題に直面すると、頭はこう考えます。「なんだか不動産投資は難しそうだな、リスクもあるし、辞めておいたほうがいいのでは」すると不動産投資を始めないための理由を探し始めます。例えば、いつも本業の仕事が忙しくて、時間がない、疲れている、家族の相手をしなければならないなど人によって様々な理由を考えるのです。

そしてその習慣が続くと完全に足は止まり、情報収集もしなくなり何も行動しなくなってしまうのです。これを回避するための方法はいくつかあります。まず一番大事なことは目標を明確にすることです。不動産投資を通じて何を達成したいのかをはっきりさせる必要があるのです。よく私が不動産投資をして家賃収入が入ってくる話しをすると、私も興味がある、やってみたい言う人がいますが、まずやることはありません。

その理由は簡単で、目標がただ漠然と副収入がほしいという理由だからです。まだこの時点では、リスクのこと、借入れのことなどポカーンと頭で考えているだけなので、やってみたいと発言します。しかし、時間がたって冷静になって考えると、やっぱり不動産投資は怖い、そんなに借金できない、分からないから辞めておこうという結論に自然となってしまうのです。
 

ポイント 不動産投資を諦めないための方法とは

もう1つ諦めないで不動産投資を諦めない方法があります。それは、仲間を作ることです。私は不動産投資を始める際に困ったのが、同じステージの相談できる仲間がいなかったことです。仕方なく不動産会社の担当者とよく相談していました。ただし、やはり担当者も営業ですので、セールスになりがちです。

同じステージ目線で相談し、切磋琢磨する環境があればスピード感はもっと上がっていたはずです。そしてもう1つの方法が、不動産投資を始めることを自分の周囲の人に言ってしまうというのもいかもしれません。相談する人がいないとどうしても1人で何でも行いがちです。1人で行動をしていて陥りやすいのが、問題に直面したときに、誰にも相談せず静かに不動産投資を諦めがちです。これが人に話しておくことによって、自分に対してなんとか乗り越えてやろうというプレッシャーになってきます。

では誰に話せばよいかというと、会社の人は副業禁止のところが多いので避けたほうが無難です。彼氏、彼女、親、兄弟、友人などに対して自分は不動産投資で成功したい!ということを言い続けるのです。すると成功するまで行動を継続することができるようになります。不動産投資は始める前も後もいろいろな人に関わって成り立っていきますので、気自分の回りの人にどんどん協力してもらいましょう。

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!