我が生涯に一片の悔い無し

ポイント 我が生涯に一片の悔い無し

やりたいことやりきる!

後悔

こんにちは!不動産投資“最初で最高の決断”サポーター藤本です^^「我が生涯に一片の悔い無し」このセリフ知ってますか?有名ですよね。そう、北斗の拳のラオウが言った言葉です。私自身はドラゴンボール世代なのですが、パチンコやスロットで何回も聞いたことがありました笑。いきなり何を言っているんだ!と思うかもしれませんが、私が今、このセリフに近い気持ちになっています。何かというと、あと試験まで残り4日。ラオウのように生涯とまでは言えませんが、後悔しないくらい勉強したつもりです。

もしダメだったとしても今の全力で戦った結果だからまた来年受けようと前向きに思えます。もちろん受かるつもりです^^やはりやるだけのことやると、「受かるかな~大丈夫かな~落ちてしまったらどうしよう~」と心配する気持ちを乗り越えて、「ここまで頑張ったんだから必ず成果がはでる、でなければおかしい!」とさえ思うようになってきました。結果はどうなるか分かりませんが、私はこの3か月全力で集中してきました。どんな結果になろうと、我が生涯に一片の悔い無し」になるはずです。

そして、この「悔いが残らないまでやりきる」ことは、これから不動産投資を始めようとうしている人にとっても大変重要なことです。不動産投資を始めたいのになかなかできないにはいくつか理由があります。一番大きい理由はなんだと思いますか?答えは簡単です。それは「圧倒的な行動量」です。知識とか経験なんかよりもに大事だと思います。不動産投資には確かに豊富な知識は必要になってきますが、それだけでは始められないんです。不動産投資の学者さんになるなら勉強だけでよいのですが、実際に物件を見て、買い付け入れて、融資を打診して・・これらの行動を繰り返してやっと物件が手に入るわけです。

そしてもうひとつ大事なことは、物件1件ごとに魂入れて全力で買う努力をしているかどうかです。少しでもきになる物件があったら、悪いところも見つつ、それを上回るメリットを探す努力をする。そして、良いと判断できれば誰よりも早く買い付けをいれるようにする。しっかり熱い気持ちで、頭は冷静に考えることができるかどうかが大変重要です。物件は世の中にたくさんあります。だからと言って、気合いも入れずにただだらだらと探していても見つかるはずがありません。

だから、問い合わせる物件全てに全力でぶつかっていく必要があります。たとえその物件が、現金でもってかれてしまったり、売り止めになったり、1番手おさえられなくて購入できなかったとしても、全力で探していればもちろん悔しいですが、また次の物件を探せばよいだけです。大事なことはいかに熱い気持ちを継続して行動していくかです。最後に不動産投資はすべて自己責任です。物件を買うために全力を注いでいれば、購入できたときのうれしさは倍になります。

全力を出し切れば万が一思ったほどよくない結果になってしまったとしても、悔いは少しでも減っているはずです。私は、とにかくラオウではないですが、自分が死ぬときに後悔だけはしたくありません。今の自分で全力で不動産投資を始める。そして失敗して後悔するのか、後々になって不動産投資をやっておけばよかった、自分の人生をはこんなはずじゃなかった・・同じ後悔でも中身は全然違います。

一回しかない人生、私はやりたいことを全てやりきるためにこれからいろいろと挑戦していきます。もし不動産投資を悩んでいる人がいたら、ぜひ一度考えてみてください。「不動産投資をやらない決断は後で後悔しないのか?」少しでも後悔したくないと思ったら、あとは動くだけです。まずは動いていきましょう!私はまずは残り4日試験に向けて全力を尽くしていきます(^^)/

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!