不動産投資でリスクをコントロールするための方法

ポイント 空室リスクのコントロール

不動産投資でリスクをコントロールするための方法

ビル

不動産投資は金額的に大きいし、失敗したら怖いと思っている人は多いはずです。しかし、不動産投資のリスクの多くは大家さんがコントロールできるものが多いことはご存じでしょうか?株式やFXと違い、不動産投資はリスクコントロールできものがかなりあるのです。

代表的なリスクと言えば空室リスクです。日本は既に人口減少時代に突入しており、不動産投資は危ないのではとよく言われております。しかし、このリスクはコントロールしやすいリスクなのです。まず空室リスクは購入前から対策ができます。これはかなり重要なことで、購入前に対象物件の地域に賃貸需要があるかどうか、需要と供給のミスマッチが起きていないか確認する必要があります。これさえ怠らなければ大きい失敗はなくなるはずです。物件がいくら安かったりきれいだったとしても、そこに賃貸需要なければ入居付けは厳しいものになってしまいます。

そして地域によっては同じような間取りが供給過剰状態になっているケースもあります。賃貸需要なエリアの特徴を調べるためには、近所の賃貸管理会社へヒアリングする、人口動態、HOMESを確認することによって可能になります。
 

ポイント 滞納リスクのコントロール

空室リスクより面倒なのは滞納リスクです。もし滞納があったら、その入居者との契約を解除して、強制的に退去してもらえばよいのではと思いがちです。しかし、日本の法律で借地借家法というものがあり、入居者の権利がとても強くて強制的に退去することは厳しいのです。

ではおの滞納リスクをコントロールするためにはどのようにすればよいかというと、まずは管理会社選びです。もっと言えば管理会社の担当者の経験が重要になってきます。入居希望の人が問題を起こしそうか、滞納しそうか判断する担当者の見極め力はあるのかどうかが重要です。そしてもう一つ重要なのが保証会社に加入しておくことです。いくら経験の多い担当者でも滞納が起きてしまうときはあります。その時のために入居者には保証会社に加入してもらう方法があります。

これに加入にしておくことによって、万が一滞納があったとしても保証会社が家賃を入居者の代わりに払ってくれるのです。保証会社に加入する際の、保証料は入居者が負担することが多いですので、現在は多くの大家さんが採用しているのです。
 

ポイント 天災リスクのコントロール

予想しにくいリスクとしては天災リスクがあります。まずこの天災リスクをコントロールするするためには、購入物件の立地が天災が起きやすいのかどうかをあらかじめ調べておく必要があります。それは国土交通省の災害ハザードマップを閲覧すると、土砂災害や水害などの情報が掲載されています。

これを見ることによって大きい天災を避けられる可能性が上がります。さらにリスクヘッジをするためには保険に入っておく必要があります。入居者にも保険は入ってもらいますが、それだけでは用が足りません。銀行の融資を受けるためにもまずは、住宅総合保険は必須です。これは火災、落雷、台風など総合的にカバーできる内容になっています。そして施設賠償責任保険というものがあります。この保険は入居者や入居者以外の人にけ怪我や損害を与えてしまった際に保険対象となってきます。

最後は、地震保険です。地震もいつどこで発生するのか分かりませんので、入っておいたほうが良いでしょう。地震による火災は、火災保険であ対象外になるので地震保険に加入するこをオススメします。このようにリスクは怖いと思いがちですが、しっかりと対策をすることにより不動産投資のリスクがコントロールできるようになるのです。

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!