不動産投資はリスクコントロールしやすい投資

ポイント 安定している家賃収入

不動産投資はリスクコントロールしやすい強い投資

不動産投資

不動産投資と聞くと、「え~それって危ないんじゃない」とか「もう人口も減ってるし今更遅いんじゃないの?」とリスクが高いのではと感じる人は多いのではないでしょうか?実は不動産投資のリスクはいくつかありますが、大家さんの努力でコントロールできるものばかりです。では不動産投資以外の金融商品とリスクの比較をしてみると、投資のリスクをコントロールできるものとそうでないものがあります。

不動産投資以外の投資で代表的なものと言えば、株式やFXです。これらのリスクで最も怖いのは、元本がなくなってしまう、つまりゼロになってしまう可能性があります。大企業でも破綻することもありますし、地震などの大きい天災が発生すると、為替が大きく変動し追加の証拠金を必要とされることがあります。それに比べて不動産投資はどうかというと、景気の変動で物件価格が下がることはあっても、物件が消えてなくなってしまうことはありません。

そして入居者さんがいる限り、大家さんには家賃収入が入り続けますので銀行の返済に困ることはないのです。その家賃は築年数が経過すると、家賃下落リスクはあるものの景気の良し悪しで家賃が変動するリスクはほとんどありません。この家賃が上がったり下がったりしないことは、収益の安定につながってくるのです。
 

ポイント 大家さんとREITの違い

不動産投資はリスクコントロールしやすい強い投資

不動産投資の魅力として、変動の小ささも魅力です。株式やFXは株価や為替の変動で資産価値が大きく変動します。景気や天災、政策などによって日々変動しており、リーマンショックなどの経済危機のときには、予想をはるかに超えた大きい変動があり損失を大きくだした人がたくさんいました。

ではそのような経済危機の時に大家さんが破たんしたかというと、そうでもありません。それはなぜかと言うと物件価格の下落はあったにせよ家賃が変動したわけではなからです。その時によくニュースで聞いたのはREITの破綻などはありました。REITは投資家から集めた資金と、金融機関から調達した資金で不動産を購入し、そこから上がってきた収益を投資家に還元するものです。REITが破たんした主な理由は、資金繰りが悪化したことです。大家さんとREITの同じ共通点は金融機関から借入れをしているところですが、1つだけ違うことがあります。それは借入れ期間です。

大家さんは不動産投資をするにあたり、長期間の借入れで始めるケースが多いのですが、REITはその期間が数年ととても短いのです。リーマンショックに破綻してしまったREITは借りてたお金の返済が迫って、再度資金を調達できずに破綻してしまっていたのです。
 

ポイント 景気が悪いときにも強い不動産投資

不動産投資はリスクコントロールしやすい強い投資

景気が悪くなったときのことばかりをお話しさせていただきましたが、景気がよくなってくると銀行の融資を受けやすくなってくると不動産価格は上昇してきます。今は景気はそんな良いわけではありませんが、ゼロ金利政策が始まり銀行が日本銀行にお金を預けておくと元本割れしてしまう状況で、貸し出す先に乏しい状態が続いています。だからリスクのコントロールをしやすい不動産投資は銀行からしてみれば良い貸し出し先の1つになるのです。

しかし、この状態がいつまで続くかは分かりません。景気が良くなって物価が上がってくれば今のゼロ金利政策も終わってしまうかもしれないですし、政策が終わらなくても海外で経済危機が起こればグローバル化している現在日本が影響を受けてしまうのは必至です。仮に経済危機が起こったとしても、不動産投資で破綻する大家さんは少ないと思います。反対に株式やFXを生業としている人は大きく損室を出してしまい退場することになってしまうリスクがあるのです。不動産投資は景気の良し悪しに関わらずいつも強いのが特徴です。

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!