これは避けたい不動産投資の失敗事例

ポイント 高い金利でお金を借りてしまった

これは避けたい不動産投資の失敗事例

ミス

不動産投資で失敗しないためには、良い条件で融資を受ける必要があります。しかし、お金を借りる人の属性によっては、金利1%で借りられる人もいれば、金利4・5%でなければ借りられない人もいます。

やはり銀行は、お金を借りる人がお金をしっかりと返せるのかどうかを会社員の属性を見てきます。年収、金融資産、勤務先などですね。銀行の融資で一番の失敗といえば、銀行で1%ぐらいの金利で資金調達できるにもかかわらず、金利が高いところで資金を借りて物件を購入してしまうことです。

なぜこのような失敗が起きてしまうかというと、金利の高い銀行は、金利の高いところりも審査が簡単で一定の属性をクリアしていれば融資してもらいやすい特徴があるため、不動産会社も好んで利用する傾向があります。最初に物件探しをするときは、銀行の融資情報があまり把握できていないため、失敗してしまうのです。

具体的には、銀行の情報が分からないまま不動産会社を回ると、属性をまず伝えます。するとある程度の属性の方であれば金利が高い銀行のところから提案されがちでちです。不動産会社も融資付けが簡単だからですね。融資で失敗しないためには、自分だったらどこの銀行でどのような融資条件で借りられるかを頭に入れながら不動産会社を回っていく必要があります。
 

ポイント会社員が銀行回りをするときの壁

ではその銀行情報をどのようにして集めるかというと1つ目は、自分で銀行を回るという方法です。一番簡単なようで難しいのがこの方法です。やはり銀行に行って直接聞くのが一番早いのです。しかし、そこには2つの壁があります。

それは、銀行へ行って相談することに何故か抵抗があることです。私がそうでした。普段銀行でやることと言ったら、預貯金の預け入れ、引き出し、振込みが多いかと思います。しかし、経営者でもない普通の会社員が銀行に行って融資の相談をすることがあまりないと思うので、これがネックになってきます。しかし、銀行の人から見ればお金を貸してほしいと言う人はお客様ですので、冷たいどころか歓迎ムードです。

貸してもらえるかどうかは別ですが。あともう一つの壁は「時間がない」ということです。銀行は平日しか営業していないので、もちろん土日は対応してくれません。会社員として働きながら銀行へ訪問することが厳しいと人が多いのです。ではどうすればよいかというと、最初は、融資付けしてくれる業者にお願いする方法です。
 

ポイント 自分に合った金融機関選び

日中忙しい方は業者に融資付けをお願いする方法もありますが、失敗しないための注意点があります。それは、自分の属性に合った金融機関とパイプがあること、複数の金融機関と取引があることなどに注文するべきです。

業者のなかには金利の高いある一定の銀行としか取引がないところもあるぐらいです。業者が物件とセットで持ってきた融資条件は本当に合っているか、他には可能性がないか検討していくことによって少しでも有利な融資条件を引き出し、失敗を回避していくのです。

最後に、銀行情報を収集する方法としては、先輩大家に直接聞くことです。ネットで大家の会と検索すればいろいろと出てきますし、不動産コンサルタントと検索してもいろいろと出てきます。そのような人やコミュニティーに参加して環境を変えることによって気持ちも高ぶりますし、活きた情報も入ってくるようになるのです。

先輩大家から情報をもらうときの注意点としては、情報提供者が、地主さん系大家さんかどうかです。なぜかと言うと地主さんはもともと土地という資産があるので銀行も融資しやすいのです。地主さんからもらえる情報もありがたいですが、非地主さんのサラリーマン大家さんで大きい物件規模を達成した人に聞いてみるのが一番効果的です。融資で失敗しないためには、まずは活きた情報を集めなければならないのです。