不動産投資で元付け会社を選ぶメリット・デメリットと探し方

ポイント 元付け会社と客付け会社

不動産投資で元付け会社を選ぶメリット・デメリットと探し方

イス

収益不動産を扱っている会社には、「元付け会社」と「客付け」会社の2種類に分けられます・客付け会社というのは、売買を直接お願いされた業者のことです。そして客付け会社というのは、不動産ま売買のお客を見つけてくる会社のことです。不動産投資で物件を探そうとすると、同じ物件が複数掲載されていることがあります。

そのほとんどが客付け業者です。物件探しで問い合わせるべき業者は、元付け業者と客付け会社どちらかというと・・それは「元付け会社」です。元付け会社で物件を問い合わせるといくつかメリットがあります。

メリットの1つとして、買い手の意見が売主まで届きやすくなります。客付け会社に指値をして購入しようとすると、買い手、客付け会社、元付け会社、売主の順で、情報が伝達されます。時間もかかりますし、客付け会社の労力にもなります。なかには、その指値は厳しいだろうと判断すれば、指値の希望があることすら元付け会社に伝えない付け会社もあるぐらいです。

これが元付け会社になれば、成功するかどうかは別として買い手、元付け会社、売主の順で情報伝達の速さも上がり、売主に買い手の考えがすばやく伝わりやすくなります。
 

ポイント情報伝達が早くなる元付け会社

それに伴い、物件の詳細も早く細かく聞くことができるようになります。物件の検討を進めていくと、様々な詳細を聞きたくなります。基本事項以外は、客付け会社は把握していませので、客付け会社から元付け、売主の順で情報を聞いていく形になって時間がかかります。不動産投資はスピード重視です。

その情報を待っている間にも買付けが入ってしまい、購入できなくなってしまうかもしれません。元付け業者であれば、直接売主に確認してもらえて、詳細の情報が早く確認できるのです。

では、その元付け業者をどのように見つけるかというと、主に方法は2種類あります。1つは、ネットで検索する豊富です。提案された物件のマイソクには必ず住所が記載さえています。ただし、詳細が書いていないことがほとんどです。そこで検索エンジンで住所の分かっているところまで入力して、収益不動産、価格、専任などの言葉をセットにして検索するのです。

その検索した情報の中で、専任、専属専任と記載されていればそこの会社が元付け会社になります。元付け会社は、客付け会社に比べると対応もよくなりがちです。元付け会社は両手取引できますので、対応はそれなりに丁寧になるんですね。反対に客付け会社は、元付け会社ほど懇切丁寧ではないのはもう明らかです。
 

ポイント 元付け会社のデメリット

しかし、元付けの方で物件を購入するメリットをお伝えしましたが、デメリットもあります。
それは、買い手にとって最適な物件でなかったとしても物件が優先されるということです。どういうことかというと、元付けにとって直接任された物件は、最優先になります。

もし買い手の希望や意向にそってない場合でも、物件を販売したがために買い手の意向を無視して強引に販売してくることもあります。客付け会社の場会には、そこまで物件に対して執着があるわけではないので、希望や意向に沿った提案をしてくれるかもしれません。結局は多客付けでも、元付けも担当者選びが大変重要になってきますね。

もう1つの方法は、仲の良い不動産会社の人にお願いして、元付けを調べてもらうという方法です。その担当者も営業マンだと思うので、自分が間に入れないかどうか考えるはずです。しかし、しっかりと人間関係が出きえている担当者にであれば、普通に調べてもらえます。気の合う担当者を見つけて、調べてもらいましょう。

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!