不動産投資の新たなリスクとは

ポイント 不動産投資の新たなリスクとは

えっあれがリスクになるなんて

サラリーマン

こんにちは!藤本です!桜が咲きましたね。桜を見ただけで、なぜ、心がうきうきしてしまいます。新年度が始まり、新社会人や、新一年生など、新しいことが始まり、出会いがたくさんありますよね。春って。といっても私がうきうきしているのは、お花見です(笑)ことしはバーベキューしながら花見を計画していてそれで、うきうきしてました。完全に花よりお肉です^^

ところで、春だからというわけではないのですが、不動産投資で新たなリスクと私は直面しました。それはゴミ置き場リスクです。う~んリスクというほどでもないんですが、こんなこともあるんだと思うことがありました。

つい先日管理会社から携帯へ連絡がありました。また修繕かな~と心配しながら電話にでると意外な連絡でした。その内容とは、今入居者さんにつかってもらっているゴミ置き場ですが、3月末で利用できなくなるとのこと。よく話しを聞くと、ゴミ置き場の地権者が、ゴミ置き場を撤去して自動販売機を設置すると言い出したんです。

それにしても急に今月末までしか利用できないって急すぎないですか?と言うと、地権者がもう回りの人の話しは全然聞かない状態。ということで、急きょ自分の物件の敷地にゴミ置き場を新しく設置することになりました。

ゴミ置き場は市の決まりが細かくあって、横3メートル、奥行き2メートルがないといけなそうです。けっこう大きいですよね。管理会社の担当者からどうしましょと相談して、結局砂利のところをコンクリ―トにして、回りは膝ぐらいの高さまでブロック塀を積んで作ることにしました。

今業者に見積もりを出してもらっているところですが、コストがかかりそうです。もともとのごみ置き場のスペースは本当に小さいスペースなのですが、わざわざ自動販売機になぜするのだろうと疑問に思うんです。人通りが多いわけでもなく、街灯もしっかりとあるし夜は暗くない・・・お金?私も自動販売機を1台管理してますが全然儲かるようなものでもありません。お金に困っているのかと疑ってしまいました。

しかし、そんなこと言っててもしかたありませんので、ゴミ置き場を作るしかありません。今月は市と相談して、仮置き場で対応してもらえるようになりました。とは言っても時間がありませんので、ゴミ箱の勉強しようと思います。自分で作れるのかどうか、コストを下げるためにはどうすればよいか、大家さんは常に勉強ですね。

ゴミ置き場リスクと冒頭で言いましたが、今回のケース以外でもリスクがあります。ゴミ回収は市が基本的にはしてくれますが、物件を探していると、ゴミ回収を民間業者にお願いして有料でやってもらっているところもあります。私も経験ありますが、けっこう高いです料金的に。ランニングコストを押し上げますね。

だから、物件選びの際に民間業者でゴミ回収をしてもらっている場合には、近所の自治会のごみ捨て場を利用できるかかか確認しておきたいところです。利用しようとすると自治会費が発生したりします。それほど高額ではないですが、コストになりますので注意してください

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!