不動産投資は営業職がオススメ?

ポイント 不動産投資は営業職がオススメ?

不動産投資は営業職がオススメ?

夫婦

不動産投資は誰でも始めるチャンスがありますが、誰でもできるわけではありません。どのような人が始められるかというと、銀行から融資を受けられる人です。では銀行から融資を受けやすい人は言うと、年収の高い人、1部上場起企業、金融資産がたくさんあるなど属性が高い必要があるのです。

では属性がよくない人がどうすればよいかについてお伝えします。まず年収ですが、少なくても500万以上にはしたいところです。500万以下になってしまうと、利用できる金融機関が極端に少なくなってしまうからです。では年収を上げるためにはどうすればいいかを考えなければいけません。仕事によっては会社の業績次第で年館間数千円アップする企業はけっこうありますがそれぐらいの上昇率では、目標の年収まで時間がかかりすぎてしまいます。いっそのこと転職してキャリアアップしてほうがよいかもしれません。

さらに新たに選ぶ職種ですが、収入を増やしたいなら営業職をオススメします。どの業界でもきつい営業ですが、成果に対しては金銭で跳ね返ってくるのが特徴です。一生勤めるわけではなく属性アップのためと思って、思い切って飛び込んでいくのはいかがでしょうか。

ポイント フルコミの注意点

そして、転職する際は、少しでも大きい企業に就職することをオススメします。やはり銀行が最初にお金を貸す時にしっかりとした収入があるのかないか、その後ろ盾は何かをとても意識されます。同じ企業でも零細企業よりは中小企業、中小企業よりは大企業のほうが信用力が高くなってきます。少しでも名の通った企業選びを心がけましょう。

給与形態にも意識をしておきたいところです。給料には、基本給があります。企業によっては基本給+ボーナス、基本給+業績給、完全出来高制のフルコミッションがあります。注意点としては、完全フルコミッションだと、銀行によってはあまり収入として評価してこない金融機関があるのです。それはなぜかというと、今年は業績が良くて年収も高いけれども、もし来年になって業績が悪化して収入が落ち込むことを銀行は心配しているのです。

ですから営業職を選ぶのであれば、一定の基本給があり、歩合制よりも半期に一度ボーナスのように支給される業績給のような形が見栄えはいいでしょう。

ポイント 成功のために「今」始める

そして、めちゃめちゃ大事なのが、金融資産です。いくら良いお勤め先で、年収が高いとしても金融資産が全くなければ銀行は融資をしてくれません。私自身がこのパターンにはまってしまいました。歩合で大きいお金をもらっても飲みに行ってしまったりして全く残っていませんでした。今思うと本当にもったいない気がしてなりません。

自己資金の作り方ですが、まずは堅実に貯金する方法です月々のお給料の中から、一部積み立てをしていくのです。そしてボーナスが出たら必要なもの以外は全て貯金に回すのです。ここでも営業職はとても役立ちます。営業職の中でもとく不動産業界は、扱う金額が大きく、担当者へバックが大きくなります。1回の契約で数百万入ることは普通にあります。

不動産業界だけでなく、他の業界でも営業職で稼いでいる人はたくさんいますので、手っ取り早くお金を貯めたいのであれば営業でさらっと稼ぐのもよいと思います。しんどいですが・・しかし、ずっと同じところで働く予定はない、自分は不動産投資のために頑張って働くんだと思えば、初めての転職、初めての営業職、嫌いな上司がいたとしても数年ぐらいは続けることはできるでしょう。

そして会社員のうちに融資を受けて物件を購入していくのです。そしてある程度の規模になったら辞めてしまう。この流れが一番良いのではないでしょうか。大事なのは、「何か」を変えたいなら「今」変わる必要があります。あとでやるではなく、今から始めることが成功への近道です。

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!