不動産投資で良い不動産会社を見極めるためのチェックポイント


不動産会社 大手不動産会社と地元の不動産会社

不動産投資で良い不動産会社を見極めるためのチェックポイント

026041

不動産投資のノウハウ本もけっこう読んだし、セミナーにも行って勉強もした、有名な大家さんのブログも見た、いよいよ不動産会社に問い合わせをして物件を見て回ろうとしたときにどこの不動産会社から回ればよいか迷うと思います。

結論から言ってしまえばどこから回ってもよく、大事なことは最初はとにかく件数を回っていくべきです。

ただし2件3件回って良い物件情報、良い担当者と出会うことというのは至難の業です。また不動産会社にも大手や地元に根ざしたタイプなど種類も様々です。

そこで効率よく良い不動産屋に巡り合うために、まずは不動産会社の特徴をお伝えいたします。

まずは大手不動産会社です。特徴としては、やはり大手は数多くの顧客リストがあるということと、どうしても扱う物件規模大きくなりがちです。自分の属性を考慮して融資があまり大きい金額は厳しそうであれば後回しでもいいかもしれません。そして顧客数が多いですので、良い物件情報を誰よりも早くもらうために、担当者との人間関係作りが重要になってきます。

次は地元の不動産会社です。大手ほど顧客数が多くはなく小回りが利くという点や、地元の地主さんと昔ながらのつながりがあって、数は少ないものの良い物件情報が入ってくるケースもあります。しかし、地元の不動産会社の中には、収益不動産があまり得意でないところもけっこうあります。

例えば融資です。収益不動産の情報は持ってきてくれるのだけれども融資付けは自分でやってくださいというところあります。

さらに収益不動産が得意ではない不動産会社は、その時の不動産価格の相場を知らないケースもあり、『えっそんなに安いの?』と驚くような掘り出し物件をたまに出すことがありますので、ダメ元でしっかりと回っておく必要があります。 
 

ポイント 収益不動産会社の注意点

不動産投資で良い不動産会社を見極めるためのチェックポイント

そして最後は収益不動産に特化した不動産会社です。メリットとしては、収益不動産が得意ですので、全員というわけではないですが担当者も融資付けに慣れているケースもありますし、的確なアドバイスをしてくれる場合もあります。

逆にデメリットは、売上を意識するあまりに担当者が売りたい物件を提案してきたり、対して良くない物件でも無理に売ろうとする、あまり知識のな新入社員をとりあえず営業に投入させるなどがあります。

他にも属性が良くないと全然相手にしてもらえない、属性を聞いただけで提案もしてくない、自社の得意な金融機関の融資が厳しそうだと、他の金融機関には打診すらしないなど取り上げたらいくつもあります。

こここまで書くとあまり良いイメージが涌かないかもしれませんが、しっかりと融資付けをしてくれて、意向に合った提案をしてくれる不動産会社は必ずあります。先入観を持たずに回っていきましょう。
 

ポイント 不動産会社のチェックポイント

不動産投資で良い不動産会社を見極めるためのチェックポイント

他にも不動産会社選びの際の注意点があります。それは何かというと、不動産会社の宅地建物取引業免許証番号です。免許番号の中で確認しておきたいところがあります。それは「●●知事免許(2)第●●●●」の中のかっこの中の数字です。

この数字は宅建免許の更新をすると数字が増えていきます。更新すると5年有効になります。この数字が多いと歴史のある会社ということで安心できることところもありますが、一番困るのは免許のない業者と取引をしないためです。

その番号を見てもまだ心配であれば官公庁に聞いて確認することもできます。国土交通省ネガティブ情報等検索システムというサイトを見ることによって、監督処分された情報を確認することができます。

まとめると、不動産会社選びは、まずは件数を意識して行動すること。どこの不動産会社に行くのか悩むのではなく、自分の家の近くからでもいいので、まずは回っていきましょう!

プレゼント

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!